クラブに参加
#danonenationscup
Cover coaching social business

スポーツは全員により良い居場所を提供します!

サッカーフィールドにいるときは、全員が同じルールに従います。女の子でも男の子でも、背が高くても低くても、裕福な家庭でもそうでなくても、関係ありません。全員が平等であり、これがサッカーをより力強いものにします。サッカーでは、全員が一緒に楽しく、ゴールを目指す時間を共有します!

スポーツ以外で、同じように楽しさを共有し環境のために貢献できるようなことがあるでしょうか?たとえば、貧困の削減やビーチのゴミの清掃などです!

Coaching Social business image 1

モハメド・ユヌス教授はきっとできると信じています!ユヌス教授は世界中の人々のために素晴らしいことをしてきた教授です。例えば、学生と一緒に貧困層の人々のために銀行を設立しました。ユヌス教授はこれを「ソーシャル・ビジネス」と呼んでいます。

しかし、「ソーシャル・ビジネス」とはなんでしょうか?

どこに住んでいても、平等に疑問を感じたり、他人を悲しませたりするため、気になる問題がある可能性があります。例えば、貧しい人がいれば裕福な人もいるということです。もしくは、学校で女の子でいることは男の子でいることよりも難しいかもしれません。ソーシャル・ビジネスとは、これらの問題を解決することです。 

ここに例えがあります!

「ソーシャル・ビジネス」という言葉はまだ曖昧かもしれません。そのため、Leoの歴史を紹介します

Coaching social media image 2

「レオがサッカーをプレイするスタジアムの近くでは、食べ物を買うお金がないほど貧乏な人がいます。レオは食べ物を買うためのお金をあげますが

すぐに底をついてしまいます。そこで解決策を見つけました!」

Coaching social business image 3

レオにはアイディアがあります:サッカークラブでは、ゲーム中に新しいジャージを買うことを思い出しました。もしレオがスポーツジャージを販売したら、お金を稼げます。そしてこのお金で、貧しい人たちに貢献できます。ジャージを売るたびに、貧しい人たちに食べ物を買えば、お金が底を尽きることもありません!レオはジャージの販売をビジネスにし、この問題を解決しました。これこそがソーシャル・ビジネスなのです」

まだ分かりにくかったら、大人に聞いてみてください。いくつかの問題は解決するのが難しいです。しかしスモールビジネスでは問題を解決することができ、ユヌス教授もいちばん大切なことは楽しんで参加することだと言っています!

10月06、2021に公開